【体験談】doda(デューダ)を使ってみた!デメリットも赤裸々に

未分類

dodaを使ったリアルな感想

業界2位の転職エージェントであるdodaを利用しました。利用して感じたメリットやデメリットを赤裸々にお伝えします

はじめにお断りしますが、エージェントサービスは利用できませんでした。そのためエージェントサービスはお伝えできません

エージェントサービスを使えなかったのは残念でしたが、診断やクイズなどのコンテンツ、求人検索は使いやすく満足でした。以下で詳しく紹介します。

転職に求めるもの

私が転職をする上で重視したいことを確認しておく。

・都内

・平均年収以上

・国際的

・副業可

リクルートエージェントでの転職活動の際は、この条件だったわけだが、少し変更

・都内

年収350万円以上

・国際的

将来独立も見込める

30代前半男性の平均年収は約400万円。リクルートエージェントでの電話面談では、未経験に転職した場合は350万円から案内できるといわれたので、それを最低ラインに定めた。現在と同じ業界にするか、未経験分野に挑戦するかは悩み中

求人数の多さに悩む

「東京都×350万円以上」の求人は2万件以上。その後、様々な条件を追加して1000件以下まで減らすことはできた。しかし、それでも1つ1つ見ていくには多い。

ネットの口コミでも転職サイトの求人は多いのはいいが、多すぎて選べないという声がちらほら見られた。

何かを選択して決断するというのは大きなストレスになるらしい。アップル創業者の故スティーブ・ジョブズやフェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグなど成功者の中には毎日同じ服を着ている人がいる。経済界の人だけではなく、大統領や発明家にも多い。

服を選ぶという、彼らにとっては些細な決断を減らすことで、大事な決断をする際の妨げにならないようにしているそうだ。
とはいえ…仕事を探すことは些細な決断だろうか、否、重大な決断である。服のコーディネートを失敗したとしても、その日を終えれば問題ないが、仕事のチョイスを誤れば数年、十数年は頭を抱えることになる。

コンテンツは賛否あるかも

私は診断やマンガ、クイズなど豊富に用意されたコンテンツを楽しみましたが、好みはあるだろうなというのが率直な感想です。特に診断系は行うのに時間がかかりますし、思わぬ結果に落胆してしまうこともあるかもしれません。息抜きと割り切って楽しむことをおすすめします。とはいえ、コンテンツ利用だけのために登録するのもアリだと思います。

タイトルとURLをコピーしました